ホームページ制作 Capricious Space: 寒い季節の過ごし方。

2005年11月13日

寒い季節の過ごし方。

どーもどーも、ご無沙汰しております。

最近、日に日に寒くなってくよね。
いよいよ冬到来、って感じ。
寒いのが苦手な私には、ブランケットとルームソックスが欠かせない季節になってきましたよ。
で、ぬくぬくしながら、あったかいココアを飲む。
これぞ冬の過ごし方、って感じだね!


そんなわけで。
今日はおうちでぬくぬく映画鑑賞。
ビバ・レンタル半額セール♪

今日見たのは、『Lost In Translation』。
…今更とか言わないでねw
ロスト・イン・トランスレーション
東北新社 (2004/12/03)
売り上げランキング: 1,730


『The Virgin Suicides』でソフィア・コッポラを知って。
いや、正確に言えば、MILK FEDのデザイナーとしてのソフィア・コッポラは知ってたけど。
で、『The Virgin Suicides』がすごく気に入ってね。
全体に漂うオーラとか、映像と音楽の作り出す世界観とか、ほんとに好きで。
…まぁ、賛否両論あるみたいだけどね。

で、『Lost In Translation』は公開前から見たくて見たくてしょうがなくて、でも見る機会がないままズルズルと、って感じだったのね。
だから、期待して見たわけですが。

うん、期待を裏切らない、って思ったね、私は。
これまた賛否両論激しい作品だけどさ。
私はすごい好きだ、これ。

ストーリーは、まぁ公式サイトあたりで確認してもらうにして。
確かに、日本(というか東京)の描写は「日本人をバカにしてるのか?」って思う人もいるだろうなーって思ったよ。
でも、私は嫌な感じしなかったなぁ。あくまで私は、ね。

相変わらず、映像と音楽の雰囲気は秀逸だし。
特に音楽は、マイブラ好きな私には鼻血モノの選曲だしね。
もともとサントラはMD化して持ってて、サントラだけでも十二分に楽しめるんだけど、やっぱり映像と一緒になると魅力倍増で。

んー、やっぱり好きだな、ソフィア・コッポラ。
親の七光りと言われようがなんだろうが、ね。


*ただ今のBGM*
『Lost In Translation オリジナルサウンドトラック』
ロスト・イン・トランスレーション オリジナル・サウンドトラック
サントラ リチャード・ベッグス ケヴィン・シールズ セバスチャン・テリエ スクエアプッシャー デス・イン・ヴェガス
V2レコーズジャパン/コロムビアミュージックエンタテインメン (2003/10/16)
売り上げランキング: 10,489

映画とか関係なく、これはこれでめっちゃ素敵だと思う。
Kevin Shieldsの新作が収められてるってのも、めちゃめちゃポイント高し。
UKロック好きにはたまらんね。
あと、はっぴいえんどの「風をあつめて」が唯一の邦楽なのにすごく馴染んでて、改めてはっぴいえんどの凄さを実感したね。
posted by cetn at 02:48| Comment(3) | TrackBack(2) | +miscellaneous notes 2005+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
遅れましたが、誕生日おめでとう!!
すばらしい23歳にしてくださいっ!!
Posted by たかww♪ at 2005年11月13日 18:17
cetnさん、はじめまして!
このたびTBさせていただきました。

わたくし、つい最近ブログを立ち上げた者です。
年間7〜80本は見る映画の感想を、
忘れないように書き留めておこうという内容なんですが、
「ロスト・イン・トランスレーション」は、
これまでに見た中でも最高の映画なので、
思いの丈を綴っています。

しかも、私もUKロックが大好き!
最近では、スターセイラーのニューアルバムを買いました。
「LIT」のサントラは、今でもよくエンドレスで聴いてます。
ブログのタイトルも、意味もなく「Just Like Honey」に
しちゃったんですよ(笑)。

勢いでコメントしてしまい恐縮ですが、
どうぞよろしくお願いいたします。。。
Posted by まちゃのぶ at 2005年11月13日 23:05
★たかしゃん
わー、ありがとー♪
素敵な23歳になるといいなぁ。
まずは素敵な相方から探さないと…ww


★まちゃのぶさん
はじめまして♪

映画、年に7〜80本も見るんですね。
すごーい!
それだけ見ると、すごい詳しそうですね。
映画はあんまり見ないんで、詳しい人ってちょっと尊敬しちゃいます。

UKロックはそんなに詳しくないんですけどね、実は。
というか、洋楽自体そんなに詳しくないんですよー(汗)
でも、詳しくないけれど、洋楽の中で一番よく聞くのってUKロックなんですよねー。
特にマイブラ・ジザメリあたりの90年前後のシューゲイザーは大好きなんで、この映画はほんとに楽しめました。

まちゃのぶさんのところにも遊びに行きますね。
コメント&TB、ありがとうございました☆
Posted by cetn at 2005年11月14日 03:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9270940

この記事へのトラックバック

ロスト・イン・トランスレーション
Excerpt: ★★★★★★(S)  2004年 最高の1本。 公開当時、映画館で3回、DVD購入後には、ゆうに20回以上の鑑賞。 部屋で寛いだり片付けをしたりする時にも、DVDを流しっぱなしにする。 作品の中に..
Weblog: Just Like Honey
Tracked: 2005-11-13 22:46

<映画で恋>第二回 「ロスト・イン・トランスレーション」
Excerpt: アメリカにしては珍しい、日本のアルゴピクチャーズを彷彿とさせるような「もの思い耽る」映画だ。 ロスト・イン・トランスレーション監督:ソフィア・コッポラ出演:ビル・マーレイ ,&nbsp..
Weblog: mountain77 D.Reverse side
Tracked: 2005-11-21 01:06
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。